カラーマネジメント

東京のDTP勉強会に行って来ました。

【DTPの勉強会 第27回】「WinでもMacでも悩まない、初歩からのカラーマネジメント」

 

カラーマネジメント回ということで、なぜカラーマネジメントが必要かとか、そういう根本の所から、どうするのがいいかとか、そういうのまで。

カラーマネジメントって、つまりなんぞや?って話だと思うんですが、例えばお客様から「ここ、青にして」って言われたとして、「青」と言われても、それって「晴れた日の空の青」なのか「深い海の青」なのかそれとも他の具体的ななにかの青なのか、わからないわけですよ。私の頭の中に思い浮かべる青が、お客様の頭にある青と一致するのは奇跡のような偶然を期待するしかない。

そして私が今画面上で見ている色と同じ色をお客様の環境のパソコンやスマホで見られてるとは限らない。これが怖いところで、「ここ、もう少し赤味を強くして欲しい」と言われたとして赤味を強くすることは可能かも知れないけど、もしかしたらお客様の環境では実際の色より赤味が薄く見えてたら、強くしちゃって本当にいいのかって話ですよね? なので、色を評価するための標準環境とはこうですよ、というのが決められている。そういう環境を作って、皆同じ土俵で話をしましょうってことですね。

で、モニターの色も、印刷機の色も、プリンターの色も、きちんと色を合わせましょうと。

標準化、大事。

私自身で言うと、キャリブレーションして、モニターとプリンターの色を合わせたことで、モニターで見ている色を信用できるようになったし、プリンターで出てくる色もモニターと大きく変わらないし、印刷に回しても用紙や印刷機にもよるけど大きく転ぶことはなくなって、安定した品質になったと思います。以前は、モニターで見て色を決めてもプリンターで色が転ぶので、出力されたものを見て再度色を調整して出力して……意図した色が出力されるまで何十回も色調整が必要になることもあったのが、今は一発です。その分の時間と労力を他のことに振り分けられるようになったと思う。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
イラストレーターのパネルの展開

以前からうちのイラストレーターはパネル類が閉じている状態で起動するのだが、アドビフォーラムで同様の質問があったのを教えてもらった。

↑起動するとこういう状態になっている。

でも、設定してるワークスペースは↓こう。

パネル類の位置はそのままなんだけど、閉じちゃってるのね。で、毎回起動したらワークスペースをリセットしてるんだけど、以前問い合わせたことがあって。日本では当時は同じ状況は報告がなかったみたいなんだけど、USではいくつか報告が上がってたみたい。でもその後バージョンアップしても直ってないから、深刻なバグではないってことで放置もしくは原因不明なままなんだろうなぁ。

 

で、フォーラムにあった、スタートアップスクリプトに、ワークスペースリセットのスクリプトを置くのが私の環境でも上手くいったので報告。

app.resetWorkspace();

をjsxにして、

C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Illustrator CC 2017¥Startup Scripts¥

に入れる。私の場合、CC2017フォルダにStartup Scriptsフォルダがなかったので作りました。んで、起動直後は閉じてるんだけど、新規ファイル作成とか、ファイルを開く……でワークスペースがリセットされました。バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます

昨年はありがたいことにいろいろとお仕事も増え、勉強会は東京にしか行けなかったりしましたが、今年はもうちょっとアクティブに色々吸収していきたいなぁと思います。

本年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
InDesignの検索置換

前からおかしいなぁと思ってたんだけど、InDesignの検索置換のところで、

はい、文字列を▼からプルダウンで選択しました。「次を検索」「すべてを検索」などがアクティブになりました。

ところがですね、次に置換形式を入れると、ここがグレーアウトしてしまうんですよ。

ね? これうちだけかなぁ? ニューマシンに入れたばっかだから、特になにかとバッティングとかではないと思うんだけどなぁ。

ちなみに、順番が逆なら大丈夫でした。

形式を先に選択してから、検索文字列をプルダウン、なら問題ないです。

そしてこの検索文字列に、文字をブルダウンではなく、入力していた場合は、その後に形式を入れても大丈夫。

 

起動後の初回のみ

検索文字列をプルダウンで選択し、その後置換形式を入れると「検索」がグレーアウトする。

その後再度プルダウンから文字列を選択してあげれば検索できるようになる。

なので、置換形式を先に入れてから検索文字列をいれれば問題ないわけですが、これ起動後の初回だけって言うのがなんか気持ち悪い。

ちなみに、CC2015〜CC2018まで全てで再現してます。

古いマシンではCS6もでした。

回避するのは簡単に置換形式を先に入れておく、でしょうか。ちなみに、検索形式は関係ないみたいです。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
東京のDTP勉強会26回に行ってきました。

26回勉強会は、スクリプト回。togetter

まずは、スクリプトを学習する前に知っておいて欲しいこと。

考え方とかそういうところ。なにをしたい(どうなって欲しいという結果)から、現状がこうなっているので、どうするか、というフローチャートというか、考え方よね。

ここが私的には一番だった。

それ以降は、スクリプトはまだ人様の書かれたものを使わせて頂いているだけの私にはハードルが高すぎてw

でもよくわかったのは、まずはやり出してみないとなにも始まらないな、ということと、少しずつでイイので、継続しないと当然ながら頭に入らないな、ということ。

というわけで、以前2回くらい開催した、初めてのDTPスクリプト(名前は適当)を、人数絞って定期開催にしたいなぁと。

たぶん、あらかじめ「これこれこうなっているのを、こういう風にする」という具体的な課題を出して、各自試行錯誤したものを持ち寄って、「ここがわからなかった」「私はここで躓いた」など皆が躓いた場所を、分かった人が説明する。それで、最後に正解というか、模範解答を見せて貰いながら、詳しい解説。みたいなの。

10〜最大でも20人程度で。定期開催にしたいけど、希望者どのくらいいるかなぁ?

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
東京の勉強会はPDF会

自分メモから。

acrobatの環境設定→表示→裁ち落としや仕上がり枠を表示できる。仕上がりサイズ表示とかも可能。

印刷工程→頁ボックス→プレビュー画面の右下にサイズが表示される。

イラレ書きだした時に、トンボやレジストレーションマーク付きで書きだし→インデに配置してると、トリミングされていてもプリフライトチェックで引っかかる。

特色およびプロセスカラーをマッピング、特色変換など→プロセスで作ったデータを特色データにできる→校正用かなぁ。

プリフライトプロファイルは、上位互換あり。ただし下位互換はなし。

出力用PDF=出力の担保がある、つまりacrobatの表示とRIP結果が同等になる。

・出力プレビュー・プリフライトは使うこと

acrobatによる頁の結合、サムネールにD&DはOK。でも置換系は×

カラーテーマパネル、カラーテーマを探索してそのまま保存すると「自分の名前で公開」する恐ろしい仕様になってるので、必ず「公開しない」設定にする。

源ノ明朝、ゴシック→フルセット版とサブセット版がある。言語を変えるとその言語の字形になる。フルセットとサブセットで字形が変わる文字種に違いがある。イラレは残念な子なので、インデと同じ結果にならない。両方で使われる書体には使わない方がいいかも〜かも〜。

プリフライトでフィックスアップはせずにチェックだけして、ネイティブで修正するのがいいんだろうなぁ。フィックスアップを保存したら、印刷会社によって受け入れしてくれるとことしてくれないとこがあるかも。

 

勉強会中のTwitterまとめはこちら

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
名古屋のDTPの勉強部屋に行ってきたよ。

今回のスピーカーは、大倉さん、はむこさん、樋口さんの3人。

ツイートは少なめ。まとめてくれたともちゃん、ありがとう(*´∇`*)

キャプチャーでパターンを作るのは楽しくてよくやるんですが、やっぱりIllustratorにもパターンの最小単位をドロップできるといいのになぁ。PhotoshopにD&Dでパターン埋め尽くした画像を再度ライブラリにD&Dで、Illustratorに配置……しか今のところはないみたい。

パスの頭と最後を逆にする→パスの頭を、ペン+でクリック(続きを書こうとすることによって始点が終点に変わる)

ランダムパターン→散布ブラシをクローズドパスに散布0〜-1000とかのマイナス数値を入れる。真ん中が足りなければパスの変形で縮小コピーを。

新規アートに基本アピアランスを適用のチェックを外しておくといいかも。

文字を見せる、写真を見せる、色を見せるなど

大きい文字で細い書体→大きくても重くならない。これなんかはもしかして今の流行なのかなぁとも。コミックスのカバーデザインとか最近そういうの多い気がする。

名古屋に行くと毎回占いしてもらってたけど今回は忘れてたわ! しまったwwww

懇親会も超美味しかった。

私はパターンとか、白トーン、レースとかの素材を、閑散期に作り貯めておいたりしてます。服とかから色の組み合わせを拾ってライブラリにカラーグループを入れておいたりとか。散らばりすぎてどこに置いたかわかんなくなることあるから、整理しておかなきゃだわ。

今度はクルンってした奴(文字の装飾とかについてる)を描いておきたいなぁ。

3人の話を聞いて、やっぱり普段からアンテナを張っておくことと、使い回せる素材とかそういうのを準備しておくことは必要だよなぁと改めて思いました。

頑張らねば。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
同人誌の表紙とか

今月はいくつか同人誌の表紙のデザインが重なった。GW合わせだろう。

ジャンルもバラバラ、テイストもバラバラ。

共通するのは、小説本の表紙(&ロゴ)のデザインっていうことだけ。

絵師さんのイラストがある人もいれば、元ジャンルの公式絵を雰囲気のイメージとして見せてくださる方もいる。

テイストが違うから、自分の本だったら絶対にやらないようなデザインになる。面白い。

そして、締め切り前に、表紙周りに気を遣わずに本文原稿に注力できる、いいデザインになった、などのお言葉をいただけるのもすごく嬉しい。

こちらこそ、楽しいお仕事をさせていただいています。ありがとう(*´∇`*)

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
さいたま勉強会

さいたまの勉強会はここ何回か、デザインのバリエーションを増やす、ということで、使用素材を限定しての切り貼りという超アナログな手法です。

懐かしい人も、切り貼りなんてやったこと無い〜って人もいるんじゃないかなぁ?

         

切り貼りして、足りない素材は書き足して。イラストレーターさんなんかは自分で描いちゃったりw

 

それぞれ出来たのを壁に貼りだして、皆が講評。近くで見たり、離れて全体を見たり。

同じ材料、同じコンセプトのハズなのに、みんな違う。面白い。

 

えーっと、今回は私は実は不参加でした。まだ腰が本調子じゃないので、念のために。

が、 #スマートチーズでお花見 で当たったチーズ、勉強会で皆で食べたーいと思ってたので(確か応募の時にもそうコメントしたハズ)チーズを配るためだけに! 行ってきましたwww←バカwww

スマートチーズ、ほろほろしてて美味しいよ。ちょっと塩味が濃いめだけど、チーズ濃厚で美味しい(*´∇`*)

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
テスト、テスト。

HDR合成が気になっている今日この頃。

 

ブラケット撮影していた桜の写真でテスト。

1. Photoshopのファイル→自動処理→HDR Proに統合

テストなので、とりあえずなーんもせずに、初期設定のままで統合しちゃいました。

あれー? なんでブラケット撮影したうちの一番暗い写真よりさらに暗くなってるのー???

HDR Proに統合のダイアログが出てて、OKとキャンセルとあるけど、キャンセル押したらPhotoshopに読み込まれたブラケット撮影したRAWファイルも消えちゃうので、OKにするしかない。しかしOKを押すと画像が統合されてしまうのだ。レイヤー残しておいてくれてもいいじゃーん(ノД`)

OKを押す前に、トーンカーブとか露光とか弄れるので、そこである程度は弄れます。

 

2. Camera RAWで開く

3枚の画像全部をRAWで開いて、左端で画像をまとめて選択、プルダウンメニューからHDRに結合

こっちも初期設定のままです。

メインの部分は、元画像の真ん中あたりくらい? 白飛びしてる所に若干暗い画像にあるノイズが入ってます。

えーと、こっちを元にして細かい調整をPhotoshopに持って行った方が楽じゃない?

 

とまぁ、HDR全くの初心者なので、画像によって向き不向きとかもあるらしいし、少しずつ勉強していきます。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode