書いてみた(ポリシー変更に関する連絡メール)

先日Adobeが大幅なユーザーポリシーの変更を行い、事前連絡も事後連絡もないので、業界をざわつかせているが、つまり、もしかして今もこの変更に気付いていないユーザーも多いのではなかろうか……というようなことを、何人かと話していた。

で、取引先も同じ業界ならともかく、色々と今までとは変えないといけないこともあり、説明をする必要があるよね、と。

 

というわけで、ポリシー変更に関しての連絡メールを書いてみた。

もちろん、自分がどの位置で仕事をしているかによって話が変わってくるので、新規作成なのか改定なのか微修正なのかとか、渡すのがネイティブデータなのかPDFなのかとかで、変えないといけない部分もあると思うけど、まずは大まかな説明だけしてみたので、よければ流用してやってくださいな。

 

 

 

続きを読む >>
| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
春は勉強

先日「InDesignで正規表現」勉強会第一回目を開催できた。

正規表現は初めてという人が約1/3。残り2/3は自分で試行錯誤してる人たち。

初めての人たちには簡単に講習。試行錯誤してる人たちは、それぞれ困っていることなどを皆で一緒に考える感じで。

でもテーブルが3つに別れたため、それぞれのテーブルごとでバラバラになってしまったのはちょっともったいなかったな。次回以降はやりかたを考えよう。各テーブルで話し合い→話し合ったことを発表して全体で共有かつもっといい方法がないか検討→休憩はさんでループ、みたいな感じでもいいよね。

自分でガンガン書けてる人はいいけど、試行錯誤の人わりと多そうだし、できれば定期開催にしたい。

名古屋は私は参加できないけど、似たようなのをやってくれるようなので、そちらとも情報共有したい。

つまり、試行錯誤してる人たちが躓くところって、これから勉強する人がいずれ通る道だと思うのね。そういうのをまとめていきたいなぁと思ってる。

これこれこういう場合に、○○でいいと思ったけど、どうも上手くいかない→○△でどうだろう? ○×だと? ◎○でいけた!! みたいなのをね、積上げたいの。

そしてわざわざ「InDesignで」と銘打ってるのはなんでかというと、正規表現には色んな方言もあって、使用するエディターやプログラムによって多少の違いがあったりするらしいので、まずは、InDesignで使用する場合にって考えたからです。置換や正規表現スタイルは使わないともったいないし。InDesignで正規表現が使えるようになったら、多少違いがあることを分かった上で、他のアプリだとどうなるかは、それぞれ個別に試行錯誤すればいいと思うので。

東京では次回は秋くらいにやりたいなぁ。

 

今度Excel入門の講習もやります。こちらは少人数で、原稿整理や、見積もり、用紙代計算とか、DTPerにとって便利なんじゃないかな?というのをまとめて。話をしてて思ったよりExcelに苦手意識持ってる人が多かったので。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
キーボード

毎日の仕事で、ここがこうだったらいいのになぁ、は沢山ある。

が、これがなんでないのかが不思議でしようがない。

 

 

こうして欲しいだけなのだ。カンマが! カンマが欲しいのです!!!

 

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
いつもありがとう! スクリプターの人たち!!

いつもありがたく使わせて頂いているんだけど、

特に特にこれがなかったら仕事が、倍は言い過ぎだけど、もっと時間かかってたと思う、時短の味方たち。

 

 

左のは、検索置換のクエリ入れ替えby Yusukeさん

真ん中のはスペース(その他)挿入by あぢさん

右上が選択範囲を括弧類で囲ってくれるby 今関さん

たけうちとおるさんのルビと一括検索置換

お〜まちさんのopen_the_indd

 

これらがないと仕事がなりたちません。

ほんと、いつもありがとうございます!

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
寒い日が続くようになりました。

秋にテニス観戦月間でお休みをいただいているので、色々ご迷惑をおかけしているかと思いますが、通常運転に戻りました。

そして、CC2019のインストール祭が先日ありました。まだあまり触れていませんが、新しい機能も色々あるみたいで、楽しみです。メインで使ってるのはもう少し古いバージョンですが、だからといって新しいバージョンを触れないのでは困るので、こういう時期に勉強を重ねておかねば。

勉強会やセミナーも、新バージョン対応のモノが色々あるので、この時期はそれらにも貪欲にでないと、情報に乗り遅れると、すなわき技術的にも取り残されてしまいますからね。きちんと色々勉強した上で「こんなこともできますよ?」と少しずつでも提案してよりよいデータを作っていきたいと思ってます。

昔自分で作ったデータとかも……古いのはホント恥ずかしいデータばかりです。少しは成長してるってことね!www

 

さて、そんな私の主な仕事というのは、

新規での印刷物データ作成、デザインデータ支給でのデータ整理・組版、などをやります。冊子、パンフ、チラシ、名刺、ハガキ、封筒、帳票類、まぁ紙に印刷するものならたいていのモノは作ってます。手が早いです。でも校正は苦手です。

また、シナリオライティング、リライトなどもやっています。でもタイトルセンスはないです。

というわけで、お仕事も募集中です。よろしくお願いします。単発も定期案件も、まずはご相談ください。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
これだー!

あったらいいな〜と何度も呟いてた、字Sと行S。

フラッシュスペースを入れても、普通のスペースキーで入力するスペースと変わらなく見えるスペースしか入らなかったので、特に気にしたことがなかったのだけど、均等配置で文字数が少ない時には、字Sと同じように、残りスペースを割り振ってくれます!

まさに、字Sとして使えるスペースだったのです! 知らなかった!!!

そして、行S。

フレームを行方向均等にするんですが、この時、テキストフレームの設定を、テキストの配置のところ、段落スペース最大値をでっかくしておけば! 行方向の残りを、「段落」で割り振ってくれるのです!

強制改行(段落内改行)は、段落の中なので、開きません。

 

教えてくださった、ものかのさん、大石さん、お〜まちさん、他、いつもありがとうございますm(._.*)mペコッ

 

 

あとは、相対罫と振分ができればなぁ。特に振分。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
あったらいいな

InDesignで普段お仕事してて、時々思う、こんな機能があったらいいな。

1、相対罫

写研の電算写植であった機能なんだけど、改行したところで、この座標を0,0とするよーってのを決めて、

0,0から右に向けて線を引くよ。下に向けて線を引くよ。右に○mm移動してここから下に線を引くよ、と繰り返し線の引き始めを決めていく。

改行して文字を入力する×繰り返し

必要な場所で縦罫の呼び出し、横罫の呼び出しをすれば一気に線が引ける。

これができれば、例えば簡単な囲み記事なんかで、どこで改ページになっても構わないよーって場合に、便利なのよね。段落背景色ではできない、点線での囲みとかが、相対罫だと簡単にできる。

 

2、振り分け

簡単な表とかにも使えるけど、

○○○    △△△

○○○ ××× △△△

○○

こんな感じのを1行の扱いでできる。幅○mmで○の部分、○mmで×の部分、○mmで△の部分って感じでできて、揃えも決められる。今こういうのをInDesignでやるとしたら、一番簡単なのは表にしちゃうことなんだけど。InDesignの表って、その前後の文字とのアキを表の前後のアキとして設定するので、本文がグリッドに揃ってる場合に結構面倒くさいんだよね〜。

 

3、行スペース・字スペース

行スペースはつまり、行方向のスペースで、余った行方向のスペースを、そこで吸収するよって感じ。言ってみれば右インデントタブの、行方向のヤツかな。複数入れられる。

字スペースはようは右インデントタブみたいなものなんだけど、文字送り方向の余ったスペースをそこで吸収するよってモノなので、右インデントタブと違って、1行に何個も入れられる。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
カラーマネジメント

東京のDTP勉強会に行って来ました。

【DTPの勉強会 第27回】「WinでもMacでも悩まない、初歩からのカラーマネジメント」

 

カラーマネジメント回ということで、なぜカラーマネジメントが必要かとか、そういう根本の所から、どうするのがいいかとか、そういうのまで。

カラーマネジメントって、つまりなんぞや?って話だと思うんですが、例えばお客様から「ここ、青にして」って言われたとして、「青」と言われても、それって「晴れた日の空の青」なのか「深い海の青」なのかそれとも他の具体的ななにかの青なのか、わからないわけですよ。私の頭の中に思い浮かべる青が、お客様の頭にある青と一致するのは奇跡のような偶然を期待するしかない。

そして私が今画面上で見ている色と同じ色をお客様の環境のパソコンやスマホで見られてるとは限らない。これが怖いところで、「ここ、もう少し赤味を強くして欲しい」と言われたとして赤味を強くすることは可能かも知れないけど、もしかしたらお客様の環境では実際の色より赤味が薄く見えてたら、強くしちゃって本当にいいのかって話ですよね? なので、色を評価するための標準環境とはこうですよ、というのが決められている。そういう環境を作って、皆同じ土俵で話をしましょうってことですね。

で、モニターの色も、印刷機の色も、プリンターの色も、きちんと色を合わせましょうと。

標準化、大事。

私自身で言うと、キャリブレーションして、モニターとプリンターの色を合わせたことで、モニターで見ている色を信用できるようになったし、プリンターで出てくる色もモニターと大きく変わらないし、印刷に回しても用紙や印刷機にもよるけど大きく転ぶことはなくなって、安定した品質になったと思います。以前は、モニターで見て色を決めてもプリンターで色が転ぶので、出力されたものを見て再度色を調整して出力して……意図した色が出力されるまで何十回も色調整が必要になることもあったのが、今は一発です。その分の時間と労力を他のことに振り分けられるようになったと思う。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
イラストレーターのパネルの展開

以前からうちのイラストレーターはパネル類が閉じている状態で起動するのだが、アドビフォーラムで同様の質問があったのを教えてもらった。

↑起動するとこういう状態になっている。

でも、設定してるワークスペースは↓こう。

パネル類の位置はそのままなんだけど、閉じちゃってるのね。で、毎回起動したらワークスペースをリセットしてるんだけど、以前問い合わせたことがあって。日本では当時は同じ状況は報告がなかったみたいなんだけど、USではいくつか報告が上がってたみたい。でもその後バージョンアップしても直ってないから、深刻なバグではないってことで放置もしくは原因不明なままなんだろうなぁ。

 

で、フォーラムにあった、スタートアップスクリプトに、ワークスペースリセットのスクリプトを置くのが私の環境でも上手くいったので報告。

app.resetWorkspace();

をjsxにして、

C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Illustrator CC 2017¥Startup Scripts¥

に入れる。私の場合、CC2017フォルダにStartup Scriptsフォルダがなかったので作りました。んで、起動直後は閉じてるんだけど、新規ファイル作成とか、ファイルを開く……でワークスペースがリセットされました。バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます

昨年はありがたいことにいろいろとお仕事も増え、勉強会は東京にしか行けなかったりしましたが、今年はもうちょっとアクティブに色々吸収していきたいなぁと思います。

本年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode