PAGE2020

今年もPAGEに行ってきました。

いくつかのクリエイティブセミナーを聞いて、新しい発見もあったし楽しかったです。

 

それとは別に、バグなのかなんなのかよくわからない現象に悩まされているところがあるのですが、何人かとお話ししてしてみて、ちょっと例の無さそうな事例だったので、急ぎの仕事が終わったらテストデータを作って検証しないとなぁと思いました。自分の環境だけではちょっと難しいので、テストデータが出来たら改めて検証してくださる方を募集したいと思います。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
勉強会

11/30土曜は、あちこちで勉強会があったみたいです。

DTPの勉強部屋(名古屋)第48回勉強会 #studyroom048

大阪DTPの勉強部屋第34回勉強会 #oskdtp034

松本タイポグラフィ研究会セミナー #mtypo06

DTPerのスクリプトもくもく会#15 #dtpscriptmkmk

 

私は大阪に行って来ました。

「カラーと配色の基本BOOK」を基に大里先生のセッション

MAX日本版を前に、CCのあれこれをエムさんのセッションでした。

 

まず基本の基本、色を見てる私たちは、反射した光を見ている、人間の目が捉えられる光、可視光線とそれより波長の長い赤外線、さらに長い遠赤外線、波長の短い紫外線がある。

プリズムを通して見るとわかるが、赤の幅が広い。

色を科学的に分析することと、感情的に考えることは双方ともに大切。

たとえば、プリズムの光は波長の長短によるから、直線になるけど、色相環はそれを輪にしてしかも等分にしてしまうという。赤と紫は波形が両端だから決して交わらないけど、実際には赤紫の色は存在している。なので、科学的には必ずしも正しいモノではないかも知れないけど、感情的には納得しやすい。

色相環も色んな人が少しずつちがうものを主張していたりするけど、人間の目もそもそも全員が同じものを見て同じ色に見えているわけじゃない。

色により想起される感情も、文化によって違うが、寒暖に関しては、地域・年齢・性差などによらないらしい。

配色の細かいことは本を買って読むべしww

 

CCが、相変わらずなんの連絡も個人ユーザーにはないままだけど、最新バージョンとその1つ前のバージョンしかダウンロードできなくなったのが5月ですが、それ以前のバージョンはアンインストールしてしまったら再度インストールすることはできなくなるので、つまりマシンを新しくするとかが要注意です。インストーラーをダウンロードしておけばいいとは言っても、小数点以下のアップデートができないなど色々あるからねぇ。

仕事で古いバージョン使ってる人は要注意だ。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
ゲタ

先日の勉強会後の懇親会での話である。

「原稿で日付が入ってなかったからゲタにして校正だしたんだけど、OK校了の返事がきちゃって」

「あるあるー」

まぁ、業界あるあるで盛り上がってたんですよ。

そこで、ふと

「でも、なんかDTPのゲタって細くなってない? 見落としやすいというか……写研の時はもうちょっと黒部分が太かった気がする」

「ええー? そんなハズは……」

「そう言えば、ゲタって書体によってちがったりとかしないのかな?」

「考えたこともなかった!」

「記号だから、書体によって変えない文字盤に入ってる??? 手動機やってないからわかんない〜」

最初はそんな、なんでもない疑問だったんだけど、なんか気になってきたぜ!

というわけで、写研文字が出力できる海輝@kaiki01さんにご協力頂いて、試してみることに。

 

あれ? なんかDTPのはあからさまに見た目が違うけど写研のはみんな似たように見えますね。

 

というわけで、くっつけて並べて見ました。

やはり写研のは書体によって違いはなさそうです(あくまでも調べてみた書体では、です)

DTPのゲタはベンダー毎? デザイナー毎?に大きさや太さにも違いがありますが、総じてゲタの歯と歯の間の白い部分は写研より広めに開いてるようです。

細くなっている書体もありますが、短いものもありますね。

これがわかったからと言って特になにに便利だとか、だからどうすればいいとか、そういう話ではまったくなくて、単に好奇心が満足しただけの結果ではありますがww 楽しかったです。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
インデザインで正規表現、初心者回

8月末日にインデザインで正規表現の初心者回をしました。

たまたま初心者ばかりが集まったからなんですけどw

まず簡単にメタ文字の説明と、それぞれどんな風に使うかの解説。

「こういうのを引っかけて(マッチさせて)欲しい」というのが頭の中にあるけど、PCはガチガチに頭が固いので、適切に命令して上げることが必要なので、どうやって必要な箇所を過不足なく拾うことができるか、を考えるところが一番大切だという話を。

その後、簡単な例文を用いて、実際に「これをこうしたいけど、どう書くか」というのを、置換と正規表現スタイルとで。

初心者の中にも「ホントに全く初めて」の人も「ちょっと勉強してみたけど、きちんと習いたい」という人も混ざってたけれども、次回にも参加してくれたら、もう少しステップアップした課題をやりつつ、試行錯誤する練習ができればいいなぁと思ってます。

中級者は、それぞれ自分で課題を持ち寄れるのがいいんだけど。仕事で躓いた、とか書けたけど最初間違えた、とか。そういうのとか、初心者にこれを覚えたら便利なんじゃ?みたいなのとか。

 

次回は1月か2月くらいを考えています。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
書いてみた(ポリシー変更に関する連絡メール)

先日Adobeが大幅なユーザーポリシーの変更を行い、事前連絡も事後連絡もないので、業界をざわつかせているが、つまり、もしかして今もこの変更に気付いていないユーザーも多いのではなかろうか……というようなことを、何人かと話していた。

で、取引先も同じ業界ならともかく、色々と今までとは変えないといけないこともあり、説明をする必要があるよね、と。

 

というわけで、ポリシー変更に関しての連絡メールを書いてみた。

もちろん、自分がどの位置で仕事をしているかによって話が変わってくるので、新規作成なのか改定なのか微修正なのかとか、渡すのがネイティブデータなのかPDFなのかとかで、変えないといけない部分もあると思うけど、まずは大まかな説明だけしてみたので、よければ流用してやってくださいな。

 

 

 

続きを読む >>
| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
春は勉強

先日「InDesignで正規表現」勉強会第一回目を開催できた。

正規表現は初めてという人が約1/3。残り2/3は自分で試行錯誤してる人たち。

初めての人たちには簡単に講習。試行錯誤してる人たちは、それぞれ困っていることなどを皆で一緒に考える感じで。

でもテーブルが3つに別れたため、それぞれのテーブルごとでバラバラになってしまったのはちょっともったいなかったな。次回以降はやりかたを考えよう。各テーブルで話し合い→話し合ったことを発表して全体で共有かつもっといい方法がないか検討→休憩はさんでループ、みたいな感じでもいいよね。

自分でガンガン書けてる人はいいけど、試行錯誤の人わりと多そうだし、できれば定期開催にしたい。

名古屋は私は参加できないけど、似たようなのをやってくれるようなので、そちらとも情報共有したい。

つまり、試行錯誤してる人たちが躓くところって、これから勉強する人がいずれ通る道だと思うのね。そういうのをまとめていきたいなぁと思ってる。

これこれこういう場合に、○○でいいと思ったけど、どうも上手くいかない→○△でどうだろう? ○×だと? ◎○でいけた!! みたいなのをね、積上げたいの。

そしてわざわざ「InDesignで」と銘打ってるのはなんでかというと、正規表現には色んな方言もあって、使用するエディターやプログラムによって多少の違いがあったりするらしいので、まずは、InDesignで使用する場合にって考えたからです。置換や正規表現スタイルは使わないともったいないし。InDesignで正規表現が使えるようになったら、多少違いがあることを分かった上で、他のアプリだとどうなるかは、それぞれ個別に試行錯誤すればいいと思うので。

東京では次回は秋くらいにやりたいなぁ。

 

今度Excel入門の講習もやります。こちらは少人数で、原稿整理や、見積もり、用紙代計算とか、DTPerにとって便利なんじゃないかな?というのをまとめて。話をしてて思ったよりExcelに苦手意識持ってる人が多かったので。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
キーボード

毎日の仕事で、ここがこうだったらいいのになぁ、は沢山ある。

が、これがなんでないのかが不思議でしようがない。

 

 

こうして欲しいだけなのだ。カンマが! カンマが欲しいのです!!!

 

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
いつもありがとう! スクリプターの人たち!!

いつもありがたく使わせて頂いているんだけど、

特に特にこれがなかったら仕事が、倍は言い過ぎだけど、もっと時間かかってたと思う、時短の味方たち。

 

 

左のは、検索置換のクエリ入れ替えby Yusukeさん

 https://uske-s.booth.pm/items/1767452

真ん中のはスペース(その他)挿入by あぢさん たぶん公開されてない

右上が選択範囲を括弧類で囲ってくれるby 今関さん

 https://blue-screeeeeeen.net/indesign/20170315.html

たけうちとおるさんのルビと一括検索置換

 http://www.adg7.com/takenote_b/download/indesign/

お〜まちさんのopen_the_indd

 http://indesign.cs5.xyz/open_the_indd.html

 

これらがないと仕事がなりたちません。

ほんと、いつもありがとうございます!

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
寒い日が続くようになりました。

秋にテニス観戦月間でお休みをいただいているので、色々ご迷惑をおかけしているかと思いますが、通常運転に戻りました。

そして、CC2019のインストール祭が先日ありました。まだあまり触れていませんが、新しい機能も色々あるみたいで、楽しみです。メインで使ってるのはもう少し古いバージョンですが、だからといって新しいバージョンを触れないのでは困るので、こういう時期に勉強を重ねておかねば。

勉強会やセミナーも、新バージョン対応のモノが色々あるので、この時期はそれらにも貪欲にでないと、情報に乗り遅れると、すなわき技術的にも取り残されてしまいますからね。きちんと色々勉強した上で「こんなこともできますよ?」と少しずつでも提案してよりよいデータを作っていきたいと思ってます。

昔自分で作ったデータとかも……古いのはホント恥ずかしいデータばかりです。少しは成長してるってことね!www

 

さて、そんな私の主な仕事というのは、

新規での印刷物データ作成、デザインデータ支給でのデータ整理・組版、などをやります。冊子、パンフ、チラシ、名刺、ハガキ、封筒、帳票類、まぁ紙に印刷するものならたいていのモノは作ってます。手が早いです。でも校正は苦手です。

また、シナリオライティング、リライトなどもやっています。でもタイトルセンスはないです。

というわけで、お仕事も募集中です。よろしくお願いします。単発も定期案件も、まずはご相談ください。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
これだー!

あったらいいな〜と何度も呟いてた、字Sと行S。

フラッシュスペースを入れても、普通のスペースキーで入力するスペースと変わらなく見えるスペースしか入らなかったので、特に気にしたことがなかったのだけど、均等配置で文字数が少ない時には、字Sと同じように、残りスペースを割り振ってくれます!

まさに、字Sとして使えるスペースだったのです! 知らなかった!!!

そして、行S。

フレームを行方向均等にするんですが、この時、テキストフレームの設定を、テキストの配置のところ、段落スペース最大値をでっかくしておけば! 行方向の残りを、「段落」で割り振ってくれるのです!

強制改行(段落内改行)は、段落の中なので、開きません。

 

教えてくださった、ものかのさん、大石さん、お〜まちさん、他、いつもありがとうございますm(._.*)mペコッ

 

 

あとは、相対罫と振分ができればなぁ。特に振分。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode