<< 講習 | main | キーボード >>
原稿のまとめかた

印刷所とかデザイナーとかに、印刷用のデータを作って貰うとき、原稿を渡しますよね。

よくあるのが、写真をワードやエクセルに貼り付けてくださる方。あれ、絶対止めた方がいいです。

オフィスに貼ってる段階で、元の写真ファイルが劣化してると思って下さい。

カメラで撮った写真なら、RAW(カメラメーカーによって拡張子は違う)やJPGがありますが、もしRAWデータがあるなら、JPGと同じファイル名のRAWも一緒に渡すのをお勧めします。スマホで撮ったものとか、JPG保存のみならJPGでOK。なるべく低圧縮高画質なものを。

文字原稿をワードやテキストなどで用意して、全部を1つのフォルダに集めておきます。

 

原稿フォルダ

|─P1385354.jpg

|─P1385438.jpg

|─P1385483.jpg

|─P1385527.jpg

|─わんこの一日.docx

|─ワンポイント.doc

|─今日のにゃんこ.doc
|─祭.txt

|─編集後記.docx

 

みたいなことになってる場合、まず担当者にメールで、記事の順番、どの写真がどの記事に対応してるのか、写真に説明文は不要なのかとか、確認しないと手をつけることすらできないのです。これ、作業に入るまでに下手すると何日もロスが出るかも知れない。

 

原稿フォルダ

|─01-1わんこ.docx

|─01-2にゃんこ.doc
|─01-1-1.jpg

|─01-2-1.jpg

|─02祭.txt

|─02-1.jpg

|─02-2.jpg

|─03ワンポイント.doc

|─04編集後記.docx

|─写真説明.docx

 

のように順番と対応する写真がわかるようになってると、すぐに着手できる。

写真説明には、

 

01-1-1.jpg

○○してるわんこ、超可愛い♪

01-2-1.jpg

今日は○○な気分?

……

のように、画像ファイル名と写真の下につけたい説明文とを並べます。

この場合、写真画像を貼る必要はないです。必ず、ファイル名を。

 

さて、上記のようにわかりやすいフォルダになったら、

フォルダを右クリック→圧縮→zip形式

1つのzipファイルができます。これをデータ作成をお願いする印刷所もしくはデザイン会社に送りましょう。

zipファイルを右クリック→プロパティ→サイズのところで○○MBとか、どのくらいのファイル容量かがわかるので、メールに添付するには重いようならストレージサービスを利用しましょう。

↓有名どころのストレージサービス

http://firestorage.jp/ 1ファイル約2ギガバイトまで。

https://gigafile.nu/ 1ファイル約10ギガバイトまで。

ところで、紙面にこんな感じにレイアウトして欲しいという希望があるようなら、それも一緒に送ります。

たとえばこんな感じで、どこになにが来て欲しいかとかがあれば、先にイメージを伝えた方が、お互いにすりあわせがやりやすくなります。

また、実際にデザインしてみると、思ったより文字数が多い、少ないなどがあることもよくあります。

写真やイラストなど、絶対に入れるもの、の他にスペースが余ったら入れてほしいもの、など少し多めに渡すといいかも知れないですね。

 

文字原稿のワードやテキストファイルも、例えば大タイトル部分、見出し、小見出しなどがある場合は、大中小の順番というか、位取りというかが判らないと、組みようがないので、見出しは大=赤字、中=青字、小=緑字のように色をわけたり、または段落の頭に記号をつけるなど、判りやすくしておくといいと思います。

| ワンポイント | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode