名古屋勉強会5/16
 今回も東京方面から車参加です(樋口先生いつも運転手ありがとうございます!)

まずは文字組について、ものかのさん
それからプチセッションでSさん、樋口さん、はむこさん
後半は矢野さんがクライアントから本当のニーズを聞き出すためのテクニック
続きを読む >>
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
windowsのテンキーでカンマを入力する
MacとWinを行き来してお仕事してると、Winのキーボードにはカンマがないのが結構気になる。
数値入力をガシガシする時には特に。
で、MacユーザーにWin使えねぇ!と言われるのの1つに挙げられるわけだけど、Winメインで使ってる私にも、やっぱりカンマがないのは不便なのよ。カナ入力だから特に!!
というわけで、探しました。ありました。

秀丸エディタの作者、秀まる夫さん作成の、秀Capsです。対応OSも、win98からwin8.1までと幅広く、32bit版のみならず、64bit版にも対応しています。
テンキーのピリオドを2回押しでカンマになります。
IMEのON・OFFでも、入力モードでも、半角全角とも対応します。ブラボー!!
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
私の手放せないツール
DTPのお仕事をする上で、どうしても手放せないツール郡。
お仕事で必須のAdobeアプリとか、フォントとかは別にして。
●マウスユーティリティの、WheelPlus
これは、マウスカーソルの下にある窓を非アクティブウィンドウのままでもスクロールしてくれます。
●WinShot
スクリーンショットを取るためのツールです。
●epselect・aiselect
epsファイルを、PhotoshopかIllustratorかを判別して開く、aiファイルを保存バージョンのIllustratorで開くツールです。関連づけして使うので、アイコンが○○セレクトのアイコンに変わるので、もしイラレアイコンのまま使いたければ、アイコンを変更するツールが別途必要です。
●ytools
関連づけとアイコンの変更をするツール。ホントはもっと色々高機能らしい。
●Lhaplus
圧縮解凍ソフト。

その他、お役立ち関係を忘備録としていくつか書いてます。
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
どこまでインデント
ここまでインデント、別名「どこまでインデント」と揶揄されてきたInDesignの機能ですが、それが2014でバグフィックスされたー!すげー!!となったのですが、
よくよく見て見ると、確かに修正されてる部分もあるけど、妙に中途半端。
単数行コンポーザーでは直ってないよ、と大石さんに教えていただいて、
自分でも試してみました。それがこれ↓


段落コンポーザーでは修正されてる、とのことでしたが、半角ピリオドの後ろではやっぱり揃いません。
単数行コンポーザーでは半角・全角スペースの後ろも揃ってません。


そして、半角ピリオドの後ろは、結合無しを入れても揃わないんですの(ノД`)
半角ピリオド以外のところは、単数行コンポーザーでも「結合無し+ここまでインデント」を今まで通りに入れると揃いました。
大石さんのブログでもご確認下さい。

追記
半角ピリオドの後ろが揃わないのは、アキ量設定で半角ピリと次の文字が和欧文間になる、次の行の頭は行末だから、とのこと。とりあえずの対策も上記大石さんのブログで詳しく説明されています。
大石さん、いつもありがとうございます。
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
起動画面
みんなあちこちで色々言ってるけど、
とりあえず私も我慢ならないので変更してみました。
Illustratorは一番素直に、Illustratorの該当バージョンアプリケーションフォルダ内で「*.png」を検索してあげると、ai_CC_splash.png、ai_CC_splash@2X.pngというのがでてくるので(他にも色々出てくるけど、スプラッシュスクリーンなのでこの2つのどっちか)それをフォトショップで加工して上書きしてしまえばOK。


インデザインも同じように……と思って探したけどpngが見つからない!
なんでー?? と思ってググっても、なぜかインデとイラレは同じようにpngを編集できるって書いてある。で、tenさんが教えてくれました。いつもありがとうございます!!
1. (InDesign Resources)¥idrc_PNGA¥294.idrc がスプラッシュ用画像
2. 拡張子を.pngに変更してPSで編集・保存
3. 拡張子を.idrcに戻す

これでいけました。ただ、うちのCC2014はスプラッシュ用画像は400.idrcでした。


フォトショップは……これはバイナリエディタを扱えないと難しいらしいです。
Resources/PSIconLowRes.dat
このファイルを弄る必要があるみたいです。これは私には現段階ではまったくの未知の領域。
バイナリエディタは入手したので、こわごわ覗いてみたいと思います。
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
リンク配置できない?!
ai-aiリンクは私もやるんですが、先日ドラッグ&ドロップでなぜか新規ファイルとして開いてしまい、配置できないファイルがあったんです。
んで、ファイルメニューから配置したら……リンクがグレーアウトしてて埋め込みになる。
いろいろ試しても原因不明で、しかもいくつかの特定ファイルのみでした。
で、結局サポートに連絡して、たぶん、ですが……CS以前の古いファイルなのではないか、とのこと。新しく保存しなおせば問題なく配置できるので。
なぜ古いファイルはリンクできないのか、D&Dで配置できないのか、謎なままではありますが、とりあえず解決〜。
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
名古屋の勉強会 #studyroom033
写真やフォントがなく、外注費も制限される中でいかに読ませるデザインをするか、安さと、即効的な効果が期待される中での、低予算の中で品質を高めながら効果を出す。
読んでもらう(興味を持ってもらう?)ためのデザインをするためには、クライアントの希望、伝えたいことを聞き取り、優先順位を付ける。
日本語には、漢字、ひらがな、カタカナ、英数字、約物、記号がある。それぞれのフォントで全部が完璧なのは少ない→ならバラして使えばいいじゃん? 合成フォント、正規表現スタイル……ただしどちらの方法もメリット、デメリットがあるので注意。
合成フォントはIllustratorからはInDesignに持って行ける。逆はできない。壊れやすい? 異字体がでない(元の和字に変更して異字体を出して、合成フォントに戻す方法で異字体が保持される)
正規表現スタイルは、Illustratorでは使えない?(未検証)InDesignでも他のファイルに持って行ったりとか書き出したりとかができない。アンダーラインなどが揃わない。
どちらの方法を使うにしても、元にする和字フォントと欧文フォントをあわせる時に、Mでサイズをあわせるといい。仮名と漢字は□をあわせるといい。仮名は漢字と比べて小さめ、細めを組み合わせるといい感じ。
タイプキットフォントの中にも、和文フォントも少しだけある。→増えるといいですよねー
CC→アセット→マーケットで素材を無料ダウンロードできる。
ペンツールでドラッグ時に+ctrlでハンドルの長さを変えられる。ペンツールは飛躍的に進化しているので、Adobe公式サイトのデザインマガジンでペンツールの紹介があるから見るべし。
擬人化することで、チーム内でイメージを固定させる。
商品が人に訴えかけるには……ターゲット層に向けてアピール力を持たせる。
商品を擬人化する→キャラ設定を細かく作っておくと、イメージがぶれずに広がる。
色、トーン、フォント、デザイン、キャッチの口調とか
擬人化→キャラ設定→ぶれない(販売戦略)商品コンセプト

今回は、車で行くという樋口さんに同乗させていただいて、名古屋で初めての一泊して、ゆっくり観光旅行も名古屋めしも堪能しました。
味噌煮込みうどんと名古屋コーチンを食べてないので、またリベンジしたいです。次はせっかくなので、温泉旅行もセットにしたいですwww
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
word原稿をどやってInDesignにもってく?

ここのところ防忘録以外書いてないので申し訳ないのですが。

word原稿をJeditで開いてテキスト整形してInDesignに……というのはよくやるのですが、
先日恐ろしいことに、wordのコメントというか、履歴というか、PDFでいうところの注釈が入り込んだ状態できてしまって、びびったことをば。
word側で履歴がついてきたんだけど、部分的に削除するとか、そういうのが、画面上は最終画面なので当然削除された状態。にもかかわらず、Jeditで開いた時には、元に戻った状態になってた。ことに気づかずしばらく作業していたわけなんですよ。はい。
wordはMac版とWin版で見た目も違うしバージョンも違うし、ツール類のある場所も違うと思うんだけど、今手元にあるWin版2013では、「校閲」の承諾にある「すべての変更を反映」して、Mac版だとツールだったかな? 変更を反映して保存しなおさないと、画面上は変更が反映されていても、書き出したテキストには反映されてないという恐ろしい罠が!

また、Jeditでワード文書を開くと、表の文字が欠落するという恐ろしい罠も。
用は、文字が多くて溢れている箇所がなかったことにされてしまうということですね。どうせなら、変更で削除された箇所をなかったことにしてくれればいいのに!
●箇条書き(自動連番)の数字が消える
●オブジェクトが重なって隠れている文字が消える
●docxだと消える文字がある(docだと大丈夫)
あたりが注意点だそうです。また、
●wordからテキストに書きだしすると、ボックスに配置されているテキストは書き出されないらしい
追記
●wordの書式には「隠し文字」という恐ろしいモノがあるそうです。
表示・非表示できて、印刷されない。けどコピーはされるという(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
(ものかのさん、にゃんこきゃっとさん、流星さん情報ありがとうございます)

私はMacではJeditでテキスト整形ですが、WinではInDesignで直接整形派です。
なので、wordからInDesignに持って行ければいいので、その比較的安全な方法はなにかを考えてみることにします。

続きを読む >>
| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
↓解決しました!
色んな人に検証していただいたり、知恵をお借りしたりしました結果、無事PDFに書き出すことができました!

1. PDF書き出す時、「タグ付きPDFを作成」にチェックを入れる。
バージョンによってもしかしたら表記が若干違うかもですが、web用に最適化とかの近くにあります。

2. プリントから、プリンターをacrobatにして、PDFを出力。

これで私の環境では、ズレが起きなくなりました。
win7、64bit版InDesign CC

というわけで、これでもズレてしまう、または治ったよーって報告、お待ちしております。

追記
タグ付きPDFで書き出すと、見た目は大丈夫だけど、PDFでテキストをコピーするとか、その他でテキストが重複してしまう不具合がでることがあったそうです。
そうなると、2の方法1択ですね。ズレてしまってから、2の方法で試すか、いっそPDFの書き出しはメニューからの書き出しは封印して、プリントからにしてしまうか。
これは後の校正作業にも関わってくるし、本来アプリケーションに標準機能でついているプリセットに不具合があるのも、なんだかなぁです。
プリントでアクロバットを選んでPDF(PS経由だと、動作が激重になる可能性あるので、直接PDFがオススメかなぁ)だとできるんだから、やはりアクロバットの問題と言うよりは、インデザインの問題のような気がしますよね。
場当たり的な回避策ではなく、アドビさんがちゃんと直してくれるといいんだけど。

追記の追記
タグ付きPDFに書き出したときの不具合、CS2+acrobat8環境のせいかも? もしかしたら新しい環境だと大丈夫かも?
いずれにせよ、運用は自己責任でってことになってしまうわけだけど、引き続きこんなんあったよー、とかこれで試したけど大丈夫だったー、とかご連絡いただけますと嬉しいです。

| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |
Mac←→Win間のデータやりとり

MacとWin間でデータのやりとりをすると、圧縮ファイルを解凍する時に文字化けしてしまって、リンクも外れてしまうから、なにがなにやら……なことになってしまった経験のある方は多いかと思います。
それぞれ工夫されてると思うんですが、ツイッターでなにかいいのない?な質問にMac側から、Win側から、オススメソフトがいくつかあがっていたので、まとめてみます。

●まず、Win側でMacで圧縮したファイルを解凍する場合
Cube ICEというソフトがあります。無料で、圧縮・解凍ができ、右クリックメニューに対応しています。
  対応OS:Windows XP / VISTA / 7 / 8 ※ 32bit/64bitに対応
無料ソフトだけど、広告とかもでないし、使い勝手もよいです。ただし、パスワードを保存したりとかはしてくれないので、パスワードをいくつか使い分けしてるって方は、Lhaplusなど他のソフトと使い分けしてもいいかもですね。

●Mac側でWinに渡すデータを圧縮する場合
MacZip4Win。こちらも無料ソフトですね。
  本プログラムはMac OS X 10.5.4/intelで確認されています。他のOSバージョンやCPUでは動作しない恐れがあります。
.DS_Storeなど、Macでは必要だけどWinでは不要なファイルは圧縮ファイルの中には生成されません。

MacWinZipper。(WinArchiverと一緒)無料版と有料版があり、無料版は機能制限されているようです。有料版というか、ライセンス登録が2500円となっています。
無料版は圧縮のみで解凍はなし。パスワード付き圧縮も文字数制限が4と厳しめ。
あと、無料版は広告がでます。

 

WinArchiver Lite。無料版は圧縮のみで、有料版は解凍も。不可視ファイルは削除してくれる。パスワード付き圧縮は文字数制限が4。有料版だと文字数制限がなくなります。

 

●Mac側でWinの圧縮ファイルを解凍する場合。

TheUnarchiver 。解凍専用で圧縮はできないが、軽くて対応ファイルの種類も多い。エンコードは自動だが、解凍時に文字コードを選択することも可能なので、文字コードが分かっている場合などには便利かも。

●番外
DS store remover
これは圧縮・解凍ソフトではないけど、USBとか外付けハードとかでMac・Win間でデータのやりとりをする時に、Macでは非表示だけど、Winで見ると生えてきちゃう.DS_Storeなどの不要ファイルをあらかじめMac側で削除するためのツールです。

他にもなにか、これがオススメ!ってのがあったら教えてくださいな。

| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode